南部図書館2階にあったMAVIC(視聴覚センター)を復活してください。

最終更新日:
2013年11月13日
 今は閉館してしまった南部図書館2階の『MAVIC(視聴覚センター)』ですが、パソコンのキーボードにも触った事の無い私が、パソコンのイロハについて、本当にいろいろ勉強させてもらえた、日本でも類を見ない素晴らしい施設でした。
 機器を無償提供してくれていた企業が撤退した為とは聞きますが、最新の機器を使わなくてもいいから、もう1度復活させてもらえたらと思います。

対応・回答等

 静岡市視聴覚センターは、視聴覚教育の充実及び振興を図るために平成4年7月に開館し、視聴覚資料の収集・提供やパソコン提供事業を実施してきました。
 開館当時の一般家庭へのパソコン普及率は低く、実際にパソコンに触れ、体験していただく目的で無料で使用できるパソコンを導入しましたが、家庭への普及率が76%(平成23年3月)に達したことから一定の役割を終了したものと判断し、平成24年3月31日をもって視聴覚センターを廃止しました。

 現在は、視聴覚センターの事業の一部を南部図書館が引き継ぎ、視聴覚資料の収集・保管や図書館所蔵のDVDの視聴など、図書館事業として限定した利用となっていることにご理解いただきたいいと思います。
 なお、パソコンを利用した学習は、「来・て・こ」をはじめとする市の生涯学習施設においても実施されていますので、そちらの利用も検討していただければと思います。
担当課:教育委員会事務局教育部中央図書館